開催日:2019/8/25

感性工房部会より 深い感性のテクノロジー研究会(感性オーディオ研究会)8/25開催のお知らせ

深い感性のテクノロジー研究会(感性オーディオ研究会)予告
共催:芸術科学会、感性工学会・感性工房、中央大学・感性ロボティクス
日時;2019, 8/25 14:00~
場所;品川区広町1-5-28 ものつくり工場 HMラボ・工房
http://www1.cts.ne.jp/~hmlabc/

テーマ: 7月研究会に続き、「次元的改善か!」の メインシステム:Extra HI system Ver.IIIの再生音を、デモ、評価、ディスカッションする。
説明;
1、Extra HI system Ver.III を、徹底的に見直した。電源極性、パワーアンプのアイドル電流、機構的制振 etc。音は進歩した。名器:B/O CDX改とYAMAHACDR1000改 の再生比較を下記、2、も含めて行う。
2、これまで「音にならない」として、切り捨ててきた「ディジタルPC オーディオ」の困難さを、克服、上記1、に加えて行う。

状況;

1、
オペラ歌手の学生が、再生音そのものの評価を超えて、その音が自身に与える印象で評価してくれた;キャスリンバトルのアリアに、身体が暖かくなる。ヤマハプレーヤの音の無機性。筆者が高度の目的にしていた“客観”的評価です! 好き嫌いの“主観”と並行して、評価してみてください。

2、
これまで音が厳しいので聴かなかったCDのいくつかは、「実は、突発的瞬時信号がちゃんとあって、子音もあって、名録音だったが、再生装置が再生できないとそれらの重要な信号は、歪になっちゃう」ことが分かった。デモします。心当たりのCDがあったらお持ちください。

以上。

参加希望者は、ご連絡お願いします。⇒hmlabgm@gmail.com

研究会長: 宮原 誠(HMラボ
担当幹事: 林 正樹(Uppsala University), 三井 実(ものつくり大学)

感性工房部会,研究部会 | 2019/08/14