[ English / 日本語 ]
MENU

日本感性工学会期限付き研究会の募集について(応募締切12/31)

日本感性工学会期限付き研究会の募集について

いつも会務にご参加・ご協力賜り心より御礼申し上げます。

本学会では2019年より会務活性化のため、時流に応じたテーマ研究を扱う「期限付き研究会」を設け、会員のみなさま方からご提案を募って精力的にご活動頂いております。この度、第1期の時限研究会が活動期限を迎えましたので、新たな募集を行うことになりました。

時限付き研究会を主宰してみようというお考えがありましたら、その旨、お知らせくださいますよう、よろしくお願いいたします。

【期限付き研究会の概要】

日本感性工学会会員3~4名程度(代表者1名を含む)からなる研究グループで構成され、研究の成果を、学会誌(掲載料等不要)や大会企画セッションを通じてご発表いただくとともに、必要に応じてその他の会務の振興に寄与させていただきます。期間は発足の日から起算し、1年ごとの更新、最長3年といたし、些少ながら、代表者宛毎年10万円(研究打合せ費用)を差し上げます。

なお、募集分野は既存の部会との重複に係わることなく、感性工学に関係のある時流に応じたテーマとします。

【申込期限・連絡先】
今回募集する時限付き研究会は2022年4月1日より3年以内の活動期間となります。
申込は年12月末日を締切日とし、2~3件程度を発足させようと存じます(応募多数の場合は会長に一任)。
詳細は日本感性工学会事務局( jske(at)jske.org ) までMAILにてご照会ください。※(at)を@に変更ください。

以上

期限付き研究会紹介

第17回日本感性工学会春季大会 査読セッション締切延長のお知らせ(12/9まで)

第17回日本感性工学会春季大会 査読セッションの投稿締切を延長しました。

投稿受付期間

2021年10月4日(月)13:00~12月2日(木)23:59
2021年12月9日(木)23:59に延長しました。この後の延長はありません。

詳しくはこちらをご覧ください。
開催日:2021/12/11

感性商品研究部会第72回研究会のご案内(12/11)

日本感性工学会感性商品研究部会第72回研究会

主催:日本感性工学会感性商品研究部会
幹事 木下雄一朗(山梨大学)
早稲田大学WBS研究センター感性商品研究部会

日時:2021年12月11日(土)15:00〜18:00

形態:オンライン(拠点:山梨大学。リアル会場は用意致しません)

参加費:無料(感性商品研究部会員)
500円(感性商品研究部会非部会員)
※従前は日本感性工学会員で非部会員の方は無料としていましたが、学会本部に問い合わせる必要があり煩雑ですので、部会員/非部会員の区分に変更致しました。
非部会員は下記登録方法にしたがってご登録と参加費のお支払いをお願いいたします。
参加費のお支払いが無い場合はご参加頂けません。
参加費領収証をご希望の方にはPDF形式でご用意します。
参加費領収証を紙でご用意して郵送するのは手間と郵送費が掛かりますのでご容赦ください。

次第:15:00-15:05 挨拶
15:05-16:00 研究発表1 高山 誠(大正大学教授)
「新しい時代の商品の価値と意味」(仮題)
16:05-17:00 研究発表2 北浦さおり(宇都宮共和大学准教授)
「「ファッション関連消費の縮小およびCOVID-19による対面接触機会減少と消費者のファッションへの関心」(仮題)」
17:00-17:55 研究発表3 長沢伸也(部会長)+『暮らしにおける感性商品』執筆者
「暮らしにおける感性商品」(仮題)
17:55-18:00 まとめ

申込方法:以下より「登録します」ボタンをクリックし、参加の種類を指定してお申込ください。
https://sites.google.com/view/kanseishohin/coming/ws72
なお、恒例の懇親会(忘年会)はオンライン開催につき残念ですが中止致します。

CFP: ISASE2022

Call for Papers: International Symposium on Affective Science and Engineering 2022
Online Academic Symposium on March 27 (Sun.), 2022
Co-hosted with the JSKE 17th Spring Academic Conference
https://www.isase-ke.org/conference/isase2022


Important Dates
Paper submission Deadline: January 31, 2022  
Acceptance Notification:      February 20, 2022  
Camera-Ready Submission: March 13, 2022


It is our great pleasure to welcome you to attend ISASE 2022 – the 8th International Symposium on Affective Science and Engineering on March 27 (Sun.), 2022. The main objective of the symposium is to bring together academics, engineers, manufacturers, and government officials to present and exchange knowledge, experience, results, and information related to the broad aspects of methodologies employed in affective science and engineering. Affective engineering is a new propelling technology that can enable us to bridge gaps between humans and systems. The scope of the symposium also covers all fields of advanced technology and science, manufacturing, production as well as design.

Online Symposium
The symposium will be held online, where real-time oral presentation sessions and live discussions will also be taking place.
This symposium is partnered with JSKE 17th Spring Academic Conference; participants registered to ISASE2022 will also be able to listen to keynotes and presentations from JSKE 17th Spring Academic Conference.
We warmly invite you to become a guest at our online symposium and help us promote the newest developments and ideas in our field.

Theme and Scope
Affective Engineering and Design research has been expected to assist progress of societies with various research fields such as engineering, economics, and psychology. The Workshop on Affective Engineering and Design aims at exploring ongoing efforts in the theory, design and application on a wide variety of research fields related to Affective Engineering. The workshop provides an opportunity for academic/industry researchers and professionals to share, exchange, and review recent advances on Affective Engineering research. Original contribution describing recent modeling, analysis, and experiment on Affective Engineering and Design with particular, but not exclusive, regard to:
・Affective Science & Engineering
・Affective Information
・Affective Robotics
・Affective Education
・Affective Computing
・Affective Measurement
・Affective Marketing
・Affective Business
・Affective Design
・Emotional Design
・UX Design
・Fashion Design & Business
・Interface Design
・Interaction Design
・Affective Innovation
・Affective Design Thinking
・Business Administration
・Soft Computing
・Brand Identity
・Designing Pleasure
・Culture & Design
・Psychology of Cognition
・Affective Ethnography
・Big Data Treatment

Submission Procedure
Papers must be submitted via the symposium web site is required. Submitted papers should be in the ISASE’s format, and should contain up to 5 keywords. Papers will be evaluated for originality, significance, clarity, and soundness, and will be reviewed by at least two independent reviewers. The detailed submission procedure will be appeared in the web site.

Contact
JSKE Secretariat
Address: Grand Heights 1003, 2-55-5 Nihombashi Hamacho, Chuo-ku, Tokyo 103-0007, Japan
E-mail: isase@jske.org
Web site: https://www.isase-ke.org/conference/isase2022/

開催日:2022/1/22

2021年度KANSEI“感性”サロン

開催日:2022年1月12日(水)
開催方法:Zoomウェビナーによるオンライン+会場開催のハイブリッド講演会
会場:広島コンベンションセンターメインホール2A(広島市東区二葉の里3-5-4 広テレビル)
主催:公益社団法人 中国地域創造研究センターほか

募集数:オンライン参加300名、会場参加90名(先着順)
*オンライン/会場のいずれかでお申し込みください。
*11/16(火)10:00AM 以降にお申込みください。
参加費:無料

問合先 中国地域創造研究センター E-mail:kansei[at]crirc.or.jp([at]を@に変えて下さい)
中国地域創造研究センターHP:https://crirc.jp/

開催日:2021/12/25

進化計算シンポジウム2021

開催日:2021年12月25日(土) ~26日(日)
会場:オンライン開催
主催:進化計算学会

詳細はこちらをご覧ください。

開催日:2021/12/13

学術フォーラム「ELSIを踏まえた自動運転の社会実装-自動運転の社会実装と次世代モビリティによる社会デザイン-」

開催日:2021年12月13日(月)
会場:オンライン開催
主催:日本学術会議

詳細はこちらをご覧ください。

日本経済大学 教員募集について 応募締切12/17

日本経済大学 教員募集について

【職種】教授、准教授または講師

● ファッション分野
● マンガ・アニメ分野
● AR VR分野

詳細はこちらをご覧ください。

公益財団法人吉田秀雄記念事業財団より 2022年度研究助成募集

◆研究助成の目的
“広告・広報・メディアを中心とするマーケティング及びコミュニケーション等”に関する研究助成を通じてその理論・技術及び知識・情報の普及・発展を図り、もって学術・文化・経済の持続的発展及び一般消費者の利益の増進に資することを目的とする。

◆応募期間
2021年11月1日(月)~2022年1月11日(火)(必着)

詳細はこちらをご覧ください。

◆大学院生向け研究相談会について
2022年度研究助成募集にあたり大学院生向けの研究相談会をオンラインにて開催します。大学院生時代に当財団の研究助成を受けた若手研究者がアドバイザーになり、研究計画に関する相談を受け付けます。参加希望者は、事前のエントリーをお願いします。
12月7日(火)18:00~ オンライン
詳細はこちら

J-STAGEに公開されました(International Journal of Affective Engineering Vol.20 No.4)

International Journal of Affective Engineering Vol.20 No.4 がJ-STAGEに公開されました 。

下記URLよりアクセスしてください。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ijae/list/-char/ja

Special Issue on KEER 2020

Original Articles

1. Conditions under which “Neither-Good-Nor-Bad” Information Works Effectively on User’s Trust in Agents
Shinku YOKOYAMA and Jun-ichi IMAI
pp. 199-208

2. Design of Flat/Sloped Writing Desk Considering Acceptability of Individual Preference Regarding Desk Heights
Hodaka YAMAGUCHI, Goroh FUJIMAKI, Naruto MIYAGAWA and Hiroaki YOSHIDA
pp. 209-215

3. Structure of Attitude towards Life of Healthy Elderly People Living in Urban Areas in Japan and Taiwan
– Toward Creation of Service Design for Improving Quality of Life –
Ryoichi TAMURA and Hsi-Jen CHEN
pp. 217-224

4. Emotional Responses Towards Unity YouTube Videos: Experts vs. Viewers Perspectives
Shamsiah Abd KADIR, Anitawati Mohd LOKMAN and Toshio TSUCHIYA
pp. 225-235

5. A Kansei Engineering Study of Saffron Packaging Design
Sotiris PAPANTONOPOULOS, Marianthi BORTZIOU and Margarita KARASAVOVA
pp. 237-245

6. Multifaceted Research from the Design Perspective of Subconscious Kansei and Desires
– Application in Traditional Industries –
Hiroko MURAYAMA and Yukari NAGAI
pp. 247-256

7. Gender Differences in Footwear Visual Perception
Shih-Hung CHENG and Chieh-Ju LEE
pp. 257-264

8. Modeling Acceptable Novelty Based on Bayesian Information
– Experimental Verification of Acceptance of Deviation from Musical Rules –
Masafumi MIYAMOTO and Hideyoshi YANAGISAWA
pp. 265-274

9. A Study on the Expression of “A sense of being alive”
– Flashing Lights, Sounds, and Changing Forms of the Artifact –
Ongon WITTHAYATHADA and Koichi NISHIO
pp. 275-284

10. User Emotion and Perception of Virtual and Robot Companion Concepts for Shared Autonomous Mobility in Singapore
Penny KONG, Pei Yi LIM, Henriette CORNET and Fritz FRENKLER
pp. 285-295

11. Studying Requirements from Multiple Actors on Vitality Data Platform through the Lens of Socio-technical Systems
Kenji WADA, Loes van RENSWOUW, Günter WALLNER, Pierre LÉVY and Steven VOS
pp. 297-306

 

 

開催日:2021/11/26

HCD-Netフォーラム2021

開催日:2021年11月26日(金)~27日(土)
会場:オンライン方式(Zoom)
主催:特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構

詳細はこちらをご覧ください。

開催日:2022/6/01

ロボティクス・メカトロニクス講演会2022

開催日:2022年6月1日(水)~4日(土)
会場:SORA 札幌コンベンションセンター(北海道札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1)
主催:一般社団法人日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門

詳細はこちらをご覧ください。

Special Issue of ICBAKE2021: Call for Extended Papers of ICBAKE2021

2021年10月12日
Special Issue of ICBAKE2021: Call for Extended Papers of ICBAKE2021

Special Issue of ICBAKE2021:
Call for Extended Papers of ICBAKE2021 (International Conference on Biometrics and Kansei Engineering 2021).

A forth coming volume of International Journal of Affective Engineering (IJAE) will be published as a Special Issue of Biometrics and Kansei Engineering. The objective of this Special Issue is to discuss new theories and applications related to “Kansei” in Biometrics and Kansei Engineering field.
This Special Issue solicits extended paper submission from authors who presented their original works in the ICBAKE2021 which is held as a part of CISIM2021, September 24-26, 2021.

The authors are requested to submit a manuscript which contains 6 to 10 printed pages, as a Portable Document Format (PDF) file. A research or technical note, which is less than or equal to 4 printed pages, will be considered as a short paper.
All manuscripts have to be prepared in accordance with the JSKE’s Rules for Publication. For more information on the submission, please read over the descriptions at “Submit a Paper” in the website below:
https://www.jske.org/publication/?lang=english .

For paper submission, we request authors to add one cover page that describes
(1) Paper title and authors’ names, affiliations, and contact information with e-mail address,
(2) Description that briefly clarifies what is the difference between the already published paper in CISIM2021 proceedings and the submitted paper for this Special Issue.

Furthermore, in the submitted paper, the authors have to
(1) change the title from the already published paper in CISIM2021 proceedings,
(2) revise the already published paper and make its content different more than 40%,
(3) cite the already published paper.

Deadline of paper submission : December 31st, 2021.
Submission Fees:  10,500 yen
Page Fees:  https://www.jske.org/publication/guide/?lang=english

For papers submission, use our reviewing system, the editorial manager (EM), by logging in here:
https://www.editorialmanager.com/keij/

By this system, you may also check the progress of your paper review.

If you enter into EM, choose “Article” or “Note” in Article Type, next step upload your paper, and choose “Special Issue on ICBAKE” in Select Section /Category. The paper format for submission is limited to Adobe PDF.

If the prospective authors have any questions, please contact to:
Editors of the special issue
Makoto Fukumoto (E-mail: fukumoto@fit.ac.jp), Fukuoka Institute of Technology
Jun-ichi Imai (E-mail: imai@cs.it-chiba.ac.jp), Chiba Institute of Technology
Akihiro Ogino (E-mail: ogino@cc.kyoto-su.ac.jp), Kyoto Sangyo University

愛知淑徳大学より 教員公募のお知らせ(締切10/29)

愛知淑徳大学 創造表現部では、下記の要領で教員を募集しております。

募集人員:助教1名
専門分野:マンガ学(マンガ創作に連なるマンガ研究の指導ができる方)
採用予定日:2022年4月1日
担当予定科目:マンガ論、文化研究、マンガ・アニメ史、講読演習、基礎演習 など

募集要項、選考方法、提出書類の様式等は、こちらをご確認ください。

東京都立産業技術研究センターより 任期付研究員(テニュアトラック型)募集のお知らせ

東京都立産業技術研究センターより 任期付研究員(テニュアトラック型)募集のお知らせ

都産技研では、将来必要となる技術の開発や多くの中小企業が抱える課題を解決する研究開発に取り組んでいます。現在、研究事業の強化に向けて、今後の産業技術の発展を担うことのできる研究者を採用するために、本募集を実施します。
採用された任期付研究員(テニュアトラック型)の任期は採用日から5年間です。任期満了後に任期の定めのない職員として採用されることを希望する方については、任期4年目に任期期間中の実績や都産技研への貢献等に基づいてテニュア審査を行ったうえで、採用の可否を決定します。

詳細はこちらをご覧ください。

募集要項PDF

第17回日本感性工学会春季大会 査読セッション受付開始しました(10/4)

査読セッション

2022年第17回日本感性工学会春季大会査読セッションを実施します。
早期に業績を確保したい発表者向けのセッションです。大会主催者と学会編集委員会が協力して、こうした発表者のご要望に沿おうとするものです。査読セッションの投稿受付開始日以降から締切日の間に投稿のあった原稿(原著論文、ノート)について、受付受理の可否を判断したあと、2022年1月25日までの可能な範囲で、なるべく早期に査読を終了し、採録の可否を投稿者に開示します。採録またはそれに準ずる論文は、本大会査読セッションで口頭発表していただきます。むろん、通常の投稿に比べて費用もかかりますし、平時と同じ査読を行いますので、投稿にあたっては、その内容につき、自ら点検を十分にお願いいたします。採録が決まった段階で本学会の論文誌「日本感性工学会論文誌」、あるいは「International Journal of Affective Engineering」に掲載を予定し、速やかにJ-Stage公開のための手続きを取るとともに、投稿者の要請に従って、採録通知を発行します。

投稿要領

1. 投稿受付期間

2021年10月4日(月)13:00~12月2日(木)23:59 → 2021年12月9日(木)23:59に延長しました

2. 投稿資格

著者または共著者に会員1名が含まれていることを条件とします。査読セッション申込時点で入会申し込み中でも構いませんが、入会金の他に年会費1か年分をお支払いいただきます。

3. 論文の執筆要領

原稿は、WordまたはPdfとし、日本語または英語、A4版で4枚以上10枚までとします。投稿規定、執筆要領、論文フォーマットは、各種フォーマット等からダウンロードしてください。

4. 論文査読

通常の投稿論文と同様の査読を行います。1論文につき担当編集委員1名を指名し、編集委員は2名の査読者に査読を依頼します。

5. 審査結果1回目

随時。最終2022年1月25日(火)23:59
審査報告が遅延した場合は、個別にご連絡を差し上げます。

6. 演題登録

個別にご案内いたします。指定の期日までに必ず登録してください。

7. 大会(2022年3月25日、26日 オンライン開催)での発表

(1)2022年1月25日時点で、a)採録の場合は査読セッションで発表していただきます。大会予稿集の査読セッションに掲載されます。

(2)2022年1月25日時点で、b)条件付き採録(軽微な修正等)、c)修正後再査読(時間を要する修正等)の状況にある論文は、査読セッションで発表していただきます。これには査読者や編集委員とのコミュニケーションを促す効果が期待されます。大会予稿集の査読セッションに掲載されます。なお、1月25日以降も審査は継続されますので、大会までに不採録判定となる場合もあります。その場合も査読セッションで発表していただきます。

(3) 2022年1月25日時点で、d)不採録(かなりの時間を要するものを含む)の場合は、一般セッションへの登録と同じ扱いをします。すなわち、大会予稿集の一般セッションに掲載されます。大会の一般セッションで発表していただきます。

(4)(1)と(2)の場合は、1月25日時点でご提出いただいている原稿を大会予稿集(オンライン予定)に収録いたします。原稿の登録は事務局で行います。(3)の場合は、原稿の登録はご自身でお願いいたします。1月25日時点の原稿をご登録いただいても結構ですし、新たな原稿でも構いません。いずれの場合も、大会予稿集が発行された時点(2022年3月下旬予定)で原稿は公知となります。

(5)やむを得ず発表を辞退される方は、2022年2月4日(金)23:59までに editor@jske.org 宛にご連絡をお願いいたします。この場合,大会予稿集へは掲載されません.なお、辞退の場合は(採録が決定している場合でも)、編集委員の了解が必要です。

(6)発表への無断欠席の場合、大会後に「査読セッション論文」を一旦取下げといたします。あらためて一般論文として投稿してください。査読セッション査読料30,000円の他、新たに投稿料10,500円が必要です。

8. 費用

以下の費用が発生します。

  • 査読料30,000円、査読セッション発表費10,000円、大会参加費、掲載料(採録論文)。査読料と査読セッション発表費の請求書・納品書・見積書は2月10日ごろお送りいたします。
  • 2022年1月25日時点で「採録」の場合は、招待講演扱いのため、査読セッション発表費10,000円は発生しません。
  • 不採録の場合でも、費用が発生した分についてご負担いただきます。なお、2022年1月25日時点で「不採録」の場合は、一般セッションでご発表いただくため、査読セッション発表費10,000円は発生しません。
  • 採録論文は掲載料が必要です。J-STAGE本公開後に事務局から請求書・納品書・見積書をお送りいたします。期末などで、予算執行等の都合上、公開前にご入用の方は、事務局までご連絡をお願いいたします。その場合、ページ番号を記載することはできませんのでご了承ください。

9. 論文誌への掲載

和文の採録論文は「日本感性工学会論文誌」、英文の採録論文は「International Affective Engineering」の直近の通常号に随時掲載します。

10. 投稿方法

オンライン投稿システムEditorial Managerより原稿を提出していただきます。著者マニュアルをご覧ください。投稿が完了すると [TJSKE] 初回投稿完了のお知らせの件名でメールが届きます。メールが確認できない場合は、確認待ちの状態である可能性がありますので、システムをご確認ください。※投稿票の提出は不要です。

論文種別画面は、”論文“あるいは”ノート“を選択します。セクション/カテゴリ画面では、”査読セッション“を選択してください。

               

英文でのご投稿もこちらからお願いいたします。

 

★ご執筆にご配慮いただきたい事項

1: 著者所属
(1)著者の所属は、大学名、団体名のみとします。
(2)つぎに示す情報はタイトル下の所属に含めず、必要があれば、論文採択後に提出する完成版の際に、”著者紹介”を利用していただきます
学部・学科・部署もしくは研究科・専攻・講座の名称、教員または学生の区別、論文執筆時以外の所属、著者の肩書き、Emailアドレスなど。
(3)J-Stage規定との整合性を確保するため、所属は投稿者ひとりにつき一か所を原則としますが、必要があれば一か所の追加を認めます。以上の趣旨と異なる場合は、編集委員会裁量で、所要の形式に修正いたしますことを、あらかじめご了解いただき、投稿されたものとみなします。

2: 図表
本文中に記された図表番号と、挿入した図表の番号を整合させてください。

3: 参考文献
参考文献の記載方法は執筆要領を参照してください。

★審査の補足

審査結果は、a)採録、b)条件付き採録(軽微な修正等)、c)修正後再査読(時間を要する修正等)、d)不採録(かなりの時間を要するものを含む)とします。
b、c)の場合は、審査結果を受け取ってから原則30日以内に修正投稿を行ってください。日本感性工学会論文誌あるいはInternational Journal of Affective Engineering への掲載に向けて査読を継続します。

★費用補足

  1. 投稿料10,500円は不要です。
  2. 別刷り印刷は行っておりません。
  3. 「適当な査読者が見当たらない場合」が理由となって査読に入らない場合は、諸費用は発生しません。

問い合わせ先

日本感性工学会 論文審査編集委員会
editor(at)jske.org ※[at] を@に変えてお送りください。

J-STAGEに公開されました(感性工学 Vol.19 No.3)

学会誌「感性工学」 Vol. 19 No. 3がJ-STAGEに公開されました.
こちらをクリックしてください.どなたでも無料でご覧いただけます.

 

特集「インフラレジリエンスの取り組みと将来に向けて」


特集「インフラレジリエンスの取り組みと将来に向けて」に寄せて ·············································· 107
保田 敬一
インフラのレジリエンスと定量化について(総論) ········································································ 109
白木 渡
国土強靭化および脆弱性に関する住民の意識調査 ············································································ 113
保田 敬一
脆弱性関連用語の連想イメージおよび類似度マップ ········································································ 118
保田 敬一
災害レジリエンスを考慮した被災時道路啓開計画の検討 ·································································123
井面 仁志/高橋 亨輔
災害レジリエンスの考え方に基づくインフラのレジリエンス能力向上対策 ··································129
保田 敬一
自然災害リスクの指標化 ······················································································································ 134

開催日:2021/11/06

生命ソフトウェア・感性工房・而立の会 合同シンポジウム2021(11/6-7)開催のご案内

生命ソフトウェア・感性工房・而立の会 合同シンポジウム2021(11/6-7)開催のご案内

<シンポジウム概要>
生命ソフトウェア部会では,「生きているソフトウェア」という観点からの感性のモデリングや,感性情報をソフトウェア開発につなげる技術などに取り組んで おります.コンピュータ技術が毎日の生活に欠かせない現代において,感性工学の発展の中でソフトウェア分野の果たす役割は大きく,今後の発展が望まれます.

本シンポジウムでは,感性工学の一分野としてのソフトウェア技術をさらに高めるために,感性工学だけでなく,情報工学からデザインまで幅広い分野の研究者同士の交流を活性化することを目的の一つとしています.

2021年度はオンライン開催とし,若手の研究者向けの表彰もございます.多くの御発表・御参加をお待ちしております.

  • 開催日時: 2021年11月6日(土) ~ 7日(日)
  • 会場: オンライン開催
  • 参加費: 講演・聴講 「無料」
  • 申込・提出期限について

・発表申込期限:10月18日 (月)

・原稿提出期限:10月25日 (月)

・参加申込期限:10月29日 (金)

※ 実行委員長の鈴木(ikuo<at>mail.kitami-it.ac.jp)までご連絡ください.(<at>を@に変換してください)

 

信州大学繊維学部より 公募のお知らせ(応募締切:11/15)

信州大学学術研究院 繊維学系 助教(テニュア・トラック) (主担当 : 繊維学部 先進繊維・感性工学科 感性工学コース) 公募のお知らせ (締切 : 令和3年11月15日)

1.職名・人員
助教(テニュア・トラック)・1名

2.所属学系
信州大学学術研究院繊維学系

3.主担当学部等
繊維学部 先進繊維・感性工学科 感性工学コース

4.研究分野
大分類:情報学、小分類:人間情報学

詳細はこちらをご覧ください。

第23回日本感性工学会大会 優秀発表賞

2021年9月2日(木)~4日(土)に,オンラインで開催された第23回日本感性工学会大会の優秀発表賞は,予稿原稿による事前審査,および,口頭発表とポスター発表による当日審査の結果に従って,9月10日の会議で慎重に協議した結果,8件に決定致しました。

詳細はこちらをご覧ください.

開催日:2021/11/12

第138回ロボット工学セミナー 「インフラ維持管理とロボット技術」

開催日:2021年11月12日(金)
会場:オンラインにて開催
主催:一般社団法人 日本ロボット学会

詳細はこちらをご覧ください。

開催日:2021/10/20

第137回ロボット工学セミナー「サービスロボットと安全性」

開催日:2021年10月20日(水)
会場:オンラインにて開催
主催:一般社団法人 日本ロボット学会

詳細はこちらをご覧ください。

大会期間中および期間後の事務局運営体制について(9/2-9/7)

2021年9月2日(木)~9月7日(火)は、大会期間中および期間後のため事務局がお休みとなります。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

大会に関するご連絡は以下へお願いいたします。
第23回日本感性工学会大会事務局: jske23(at)jske.org
その他通常の学会事務局 jske(at)jske.org または編集事務局 editor(at)jske.org へのお問い合わせ等につきましては、9月8日(水)から順次対応させていただきます。

※(at)を@に変えてお送りください。

2021年 日本感性工学会各賞表彰

日本感性工学会各賞表彰式が,令和3年9月2日(木)9:30- 9:55 第23回日本感性工学会大会中,
Zoomを利用したオンライン会議で開催されました.

詳しくは下記をご覧ください.
2021年日本感性工学会各賞表彰

日本科学協会より 2022年度笹川科学研究助成の募集について

2022年度笹川科学研究助成の募集について

■主な募集条件
【学術研究部門】
・大学院生等(修士課程・博士課程)
・35歳以下の任期付き雇用の若手研究者
・ただし、「海に関係する研究」は重点テーマとして支援し、雇用形態は問わない。
・助成額は、1件100万円を限度とする

【実践研究部門】
・学校・NPO職員等に所属している方
・博物館、図書館等の生涯学習施設に所属している学芸員・司書等
・年齢、雇用形態は問わない。
・助成額は、1件50万円を限度とする

■申請期間
・申請期間:2021年 9月15日 から 2021年10月15日 23:59 まで

■申請方法
Webからの申請となります。詳細は本会Webサイトをご確認下さい。
https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/