[ English / 日本語 ]
MENU
開催日:2018/12/23

感性工房部会より 深い感性のテクノロジー研究会(感性オーディオ研究会)12/23開催のお知らせ

深い感性のテクノロジー研究会(感性オーディオ研究会)予告
共催:芸術科学会、感性工学会・感性工房、中央大学・感性ロボティクス
日時;2018, 12/23 14:00~
場所;品川区広町1-5-28 ものつくり工場 HMラボ・工房
http://www1.cts.ne.jp/~hmlabc/

経緯と結果
「信号を忠実に伝達する」基本の、「それ以上がなかった」従来オーディオを踏まえ、超えて、人が「よい音(胸にしみいる、空気感(気配)、実在感(深々さ、しじま))と感じる心理」から入った“突破的オーディオ”が発見した、主たる物理特長は「音の”時間”変化を精密に再現する」である。
その実現のための種々のハードウエアの欠点を発見、改良し、ほぼ完成した。特に、直近の発見: 装置内部で発生する電磁波による自己妨害の除去と、新電源:CAOS battery・アナログインバーターの効果が大きく、「再生装置の存在を感じない」の良い評価が、厳しい評価者からも得られた。けりがついたと思ったが、中古で名器と言われた装置が入手できるので、研究を続けると、音質的に大きな進展がある。
テーマ:
1、多くの実際的問題が発見された、そのうち、メモリーについて;
録音時の問題: 符号を記録しているだけのはずなのに、音質のメモリー依存(集積度が高いと音が悪い)が著しい。それををデモ、評価する。
録音器から、CDを作る時の音質劣化がある。(1)ハードディスクメモリー付きで、これまで最高のYMAHA CDR1000-HDを更に改造、(2)Professional YAMAHA CDR1000を入手全知識で改造した。
以下の音を評価をお願いする;
CDRの作りかたについて;
・入力をYMAHACDR1000-HD再生→Professional YAMAHACDR1000でCDR焼き。
・入力をProfessional YAMAHACDR1000再生→YMAHACDR1000-HDCDR 焼き。
・入力をYMAHACDR1000-HDのHDにコピー→YMAHACDR1000-HD又は、
Professional YAMADACDR1000でCDR焼き。
(基準)録音器出力を、HDを介さず、直接YMAHACDR1000-HDでCDRを焼く、
または直接Professional YAMAHACDR1000 CDR焼き
の比較評価をしていただく。
参考 これまでに調べたこと;
録音や編集は、良い音の録音については、新しい高密度メモリーではNG;
PCは386、Pentiumまで。メモリーはCF:512M迄。DISCメモリーは2G(20G)迄。SD, USB は、全くダメ。
経験のある方の参加ディスカッションお願いします。

クリスマスの音樂演奏も、良い状態で聴きましょう。

参加希望者は、ご連絡お願いします。⇒hmlabgm@gmail.com

研究会長: 宮原 誠(HMラボ
担当幹事: 林 正樹(Uppsala University), 三井 実(ものつくり大学)

J-STAGEより セキュリティ強化について

J-STAGEでは、平成30年12月12日よりセキュリティ強化のため通信暗号化方式を
「TLS1.2」(※)へと切替を行います。
「TLS1.2」への切替に伴い、古い暗号化方式の「TLS1.0」、「TLS1.1」は停止いたします。

※TLS(Transport Layer Security)とは、インターネット通信を暗号化し第三者
による通信内容の盗み見や改ざんを防ぐ技術です。
「TLS1.2」は「TLS1.0」「TLS1.1」の脆弱性が改善され、より高いセキュリティ強度
になっております。

ご利用中のPCのOS、ブラウザのバージョンが古い場合、「TLS1.2」が未対応のため
J-STAGEを利用できなくなる場合がございます。

以下のJ-STAGE推奨環境のページをご確認いただき、動作確認済みのOS、ブラウザで
J-STAGEをご利用いただきますよう、よろしくお願いいたします。

・J-STAGE 推奨環境
https://www.jstage.jst.go.jp/static/pages/RecommendedEnvironment/-char/ja

早稲田大学人間科学学術院人間情報科学科より 公募のお知らせ(締切12/18)

機関名:早稲田大学 人間科学学術院 人間情報科学科

募集人員:1名【講師(任期付)】
着任時期:2019年4月1日
勤務形態:常勤(任期あり)

任期は原則2年とする.ただし,2年経過後,1年ごとの更新を最大2年まで認めることができる.更新にあたっては,在任期間中の研究業績・教育業績・勤務状況等を審査し,決定する.

勤務地:埼玉県所沢市

詳細はこちらをご覧ください。

開催日:2018/12/05

システム制御情報学会セミナー2018

開催日:2018年12月5日(水)
会場:京都テルサ 東館3階D会議室(京都市南区東九条下殿田町70番地)
主催:一般社団法人 システム制御情報学会

詳細は下記のURLをご覧ください。
http://www.iscie.or.jp/conf/meeting/seminar/2018

開催日:2018/12/08

感性商品研究部会 第65回研究会(12/8)開催のご案内

第65回研究会

主催:日本感性工学会感性商品研究部会
部会長 長沢伸也(早稲田大学ビジネススクール)

共催:早稲田大学ビジネス&ファイナンス研究センター(WBS研究センター)
感性商品研究部会 第12回研究会

日時:2018年12月8日(土)14:45-17:45

場所:早稲田大学早稲田キャンパス11号館11階907教室

次第:発表1 庄司裕子(中央大学、日本感性工学会会長)
「感性のモデル化に関する研究(仮題)」

発表2 井関紗代、北神慎司(名古屋大学)
「商品を触るイメージとエフェクタンス動機づけが所有感の生起に及ぼす影響」

発表3 山本典弘(鈴木正次特許事務所)
「経産省「デザイン経営宣言」をどう具体化するか?:商品開発におけるデザインと知財」

会費:日本感性工学会員は無料
非会員は500円

申込:http://spice.ci.ritsumei.ac.jp/~kamei/cgi-bin/kansei_shohin_ws/annevote.cgi?
にて参加登録ください

忘年会(懇親会)

日時:2018年12月8日(土)18:00~最大で20時(予定。飲み放題は90分)

場所:上海亭(大隈通商店街 郵便局並び数件目)Tel.03-3232-7523

会費:3,000円[10品、飲み放題付](12月4日(水)までの申込分、12月5日(木)以降の申込は3,500円)

備考:コース料理の準備の都合上、人数の増減は前日まで。当日の変更はご容赦下さい。

支払方法:当日受付にて

申込:http://spice.ci.ritsumei.ac.jp/~kamei/cgi-bin/kansei_shohin_ws/annevote.cgi?
にて「研究会と懇親会に参加」として下さい

開催日:2018/11/25

日本感性工学会学生部会「志学の会」 11月度勉強会開催のご案内(11/25)

日本感性工学会学生部会「志学の会」 11月度勉強会開催のご案内

私たち志学の会は,2015年度より毎月の定例ミーティングに加え,ミーティング日同日に毎回勉強会を主催しています.このたび,この勉強会を広く公開し,多くの感性工学の分野に携わって研究をされている学生の皆さんと,「感性工学の理解の深化」「学生間の交流」の機会を広げたいと考えています.つきましては,こちらにて勉強会のご案内をさせていただきたいと思います.

先生方におかれましては,こちらの勉強会案内で志学の会にご興味をいただきましたら,研究室の学生の皆様にご案内をいただけますと幸いです.

日時:2018年11月25日(日) 15:30~17:00
会場:中央大学 後楽園キャンパス 3号館9階 3910号室
キャンパス周辺の案内はこちら:
http://www.chuo-u.ac.jp/access/kourakuen/
キャンパス内の案内はこちら;
http://www.chuo-u.ac.jp/campusmap/kourakuen/

参加資格:学部生,大学院生
参加費:無料

内容(予定):研究進捗報告会
研究進捗報告会では,発表者が現時点での研究成果・進捗を報告し,参加者との意見交換を行うことを主目的としています.これによって,発表者には感性工学に関わる多分野からの視点を自らの研究に取り入れ,より広い視野を持って研究を発展させる機会を与えます.また,聴講者には他分野の研究内容を知ることで,感性工学に関わる知見を広げ,深く考察する機会を与えます.

「映像の視聴回数による印象の変化と生理指標の関係分析~一度目と二度目の比較~」遠藤杏奈(中央大学)

勉強会に参加ご希望の方は,勉強会当日に,直接会場までお気軽にお越しください.
勉強会後は懇親会も予定しております.懇親会参加をご希望の方は,勉強会前日(24日17:00)までに,下記のアドレスまでにご所属,お名前,を御連絡ください.

尚,これまでの勉強会に関しましてはこちら(http://www.shigakunokai.jp/activities/)に記載しております.あわせてご参考にしてください.

問い合わせ先:
志学の会(代表)梯絵利奈:shigakunokai[at]gmail.com
※[at]を@に変えてお送りください。

開催日:2018/11/25

感性工房部会より 深い感性のテクノロジー研究会(感性オーディオ研究会)11/25開催のお知らせ

深い感性のテクノロジー研究会(感性オーディオ研究会)予告
共催:芸術科学会、感性工学会・感性工房、中央大学・感性ロボティクス
日時;2018, 11/25 14:00~
場所;品川区広町1-5-28 ものつくり工場 HMラボ・工房
http://www1.cts.ne.jp/~hmlabc/

経緯と結果
「信号を忠実に伝達する」事は基本だが、「それ以上がなかった」従来オーディオを踏まえ超えて、人が「よい音(胸にしみいる、空気感(気配)、実在感(深々さ、しじま))と感じる」を掲げた突破的オーディオで、発見された主たる特長は「音の”時間”変化を精密に再現する」である。その実現ための種々のハードウエアの欠点を発見、改良し、ほぼ完成した。特に、直近の発見: 装置内部で発生する電磁波による自己妨害の除去と、新電源:CAOS battery・アナログインバーターの効果が大きく、遂に、「再生装置の存在を感じない」の良い評価が、厳しい評価者からも得られた。
テーマ:
1、上記が、種々のソフトで正しいかの実験、デモ、評価を受ける。 ⇒ 改良する。
2、録音時の、大問題の発見: 符号を記録しているだけのはずなのに、音質のメモリー依存(集積度が高いと音が悪い)をデモ、評価受ける。⇒ 改良する。

フリーディスカッション:
ほぼ完成した突破的オーディオだが、「ぜひ欲しい」というレスポンスはあまりない。「想定外」の魅力が必要なのだろう。「ご飯を食べるだけ」でも行列ができる割烹があるそうだ。この研究会の“深い”音の装置の研究は、その方向で続けるべきかと思う。「想定外」をディスカッションしたい。「感激」というソフトをお持ちいただけると嬉しい。
参加をお待ちします。

参加希望者は、ご連絡お願いします。⇒hmlabgm@gmail.com

研究会長: 宮原 誠(HMラボ
担当幹事: 林 正樹(Uppsala University), 三井 実(ものつくり大学)

開催日:2018/11/30

HCD-Netフォーラム2018

開催日:2018年11月30日(金)~12月1日(土)
会場:東海大学高輪キャンパス
主催:特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構

詳細は下記のURLをご覧ください。
http://www.hcdnet.org/hcd/event/entry-1231.html

開催日:2019/6/05

ロボティクス・メカトロニクス講演会 2019

開催日:2019年6月5日(水)~8日(土)
会場:広島国際会議場(広島県広島市中区中島町)
主催:一般社団法人 日本機械学会

詳細は下記のURLをご覧ください。
http://robomech.org/2019/

開催日:2018/11/28

感性工房部会より 感性工学セミナー(11/28)のご案内

日時 2018年11月28日(水) 15:00開始
場所 中央大学後楽園キャンパス6号館8階6801室
https://www.facebook.com/events/2112339188788176/

主催:中央大学理工学研究所・感性ロボティクス・高次感性情報処理研究センター
共催:中央大学大学院理工学研究科・感性ロボティクス副専攻
日本感性工学会・感性工房&感性情報処理部会

<プログラム>

15:00-16:00
イノベーションのための研究デザイン論
―新しいアイデアはあなたのなかの推論プロセスから生まれる―
椎塚久雄

この講義では、あなたが研究を行う上で役に立つ「研究デザイン論」について話します。私は、現在「研究デザイン論」を構築しています。それはイノベーションを導く重要な内容を含んでいます。
Construction of Research Design Theory for Innovation
− Your New Idea Comes from Inference Processes in Your Mind –
Hisao Shiizuka
In this lecture, I will talk about “research design theory” that will be useful for your research life. I am currently building interest in the research design theory. So it contains important concept that leads to innovation.

16:15-17:15
感性と融合科学によるデザイン
李昇姫

感性認知脳科学の融合研究によるデザイン研究事例を紹介します。特に、産学プロジェクトの研究成果と感性ロボット、自動運転インタフェースデザイン、子供安全キッズフレンドリーデバイス開発研究を紹介します。
Design based on Kansei and Interdisciplinary Sciences
SeungHee Lee
The aim of our team is to create new Design concepts by understanding human behavior and the brain. With a multi-cultural team environment, we explore the unique Kansei of each person to tailor the design of future robots, mobility, interactions, and icons.

17:30-18:30
かわいい工学の話題
大倉典子

かわいい工学の話題をいくつか紹介する。「サウジアラビア人女性にとっての感性価値」「ECGを用いたかわいい評価」を含む。
Topics on kawaii Engineering
Michiko Ohkura
I will introduce some topics on kawaii Engineering including “Kansei value for Saudi women” and “Kawaii evaluation using ECG.”

※英語での講演となります。
※プログラムは予告なく変更することがあります。

公益財団法人吉田秀雄記念事業財団より 2019年度研究助成募集

◆研究助成の目的
“広告・広報・メディアを中心とするマーケティング及びコミュニケーション等”に関する研究助成を通じてその理論・技術及び知識・情報の普及・発展を図り、もって学術・文化・経済の持続的発展及び一般消費者の利益の増進に資することを目的とする。

◆応募期間
2018年12月1日(土)~2019年1月10日(木)必着

詳細はこちらをご覧ください。

開催日:2018/11/27

2018年度 中央大学 東京電機大学 合同研究発表会(11/27)開催のご案内

2018年度 中央大学 東京電機大学 合同研究発表会

会場:中央大学 後楽園キャンパス 6号館8階6801教室
共催:中央大学 理工学研究科 感性ロボティクス副専攻
中央大学 理工学研究所 感性ロボティクス研究センター
日本感性工学会 感性工房・感性情報処理部会
日時:2018年11月27日(火)11:00~ (発表会後、懇親会あり)
(※記載されている情報の一部を予告なく変更する場合がございます)

詳しくはこちらをご覧ください。

開催日:2019/6/29

一般社団法人 日本繊維製品消費科学会 学会創立60周年記念年次大会

開催日:2019年6月29日(土)~30日(日)
会場:奈良女子大学 (奈良県奈良市北魚屋東町)
主催:一般社団法人 日本繊維製品消費科学会

詳細は下記のURLをご覧ください。
http://shohikagaku.wixsite.com/2019nenji

東京工業大学 環境・社会理工学院融合理工学系 教員公募のお知らせ(締切11/30)

東京工業大学 環境・社会理工学院融合理工学系 教員公募

1. 所属:東京工業大学 環境・社会理工学院
2. 職名:助教 1名
3. 専門分野: エンジニアリングデザイン分野,あるいは,融合理工学分野
4, 着任予定:平成31年 4月1日以降,できるだけ早い時期
5. 応募締切:平成30年11月30日(金)必着
6. 問合せ先:
所属:環境・社会理工学院融合理工学系エンジニアリングデザインコース
氏名:教授 齊藤滋規
連絡先:saitos(at)tse.ens.titech.ac.jp
※(at)を@に変えてお送りください。

詳細は,以下のアドレスをご参照下さい.
http://www.hyoka.koho.titech.ac.jp/eprd/recently/koubo/file/koubo20181003-tse_j.pdf

J-STAGEに公開されました(ISASE 2018 予稿集)

2018年5月31日~6月2日にEastern Washington Universityにて開催いたしました「International Symposium on Affective
Science and Engineering(ISASE)2018」の予稿集が J-STAGEに公開されました 。

詳細は下記のサイトをご覧ください。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/isase

開催日:2018/12/08

進化計算シンポジウム 2018

開催日:2018年12月8日(土)~9日(日)
会場:休暇村志賀島(福岡県福岡市)
主催:進化計算学会

詳細は下記のURLをご覧ください。
http://www.jpnsec.org/symposium201803.html

開催日:2018/11/24

第113回(2)ロボット工学セミナー ロボットの作り方~移動ロボットの制御とROSによる動作計画実習~

開催日:2018年11月24日(土)~25日(日)
会場:筑波大学第3エリアL棟 3L307会議室
主催:一般社団法人 日本ロボット学会

詳細は下記のURLをご覧ください。
https://www.rsj.or.jp/seminar/s113-2/

開催日:2018/11/19

第117回ロボット工学セミナー 身体機能の拡張技術がもたらす人類の未来

開催日:2018年11月19日(月)
会場:慶應義塾大学新川崎タウンキャンパスK2ハウス1階大会議室(川崎市幸区新川崎7番1号)
主催:一般社団法人 日本ロボット学会

詳細は下記のURLをご覧ください。
https://www.rsj.or.jp/seminar/s117/

開催日:2018/11/19

日本官能評価学会企業部会第3回拡大講演会

開催日:2018年11月19日(月)
会場:キリンビール株式会社横浜工場総合ホール
主催:一般社団法人日本官能評価学会

詳細はこちらをご覧ください。

開催日:2018/11/18

日本官能評価学会2018年大会

開催日:2018年11月18日(日)
会場:明治大学駿河台キャンパスグローバルフロント
主催:一般社団法人日本官能評価学会

詳細は下記のURLをご覧ください。
http://www.jsse.net/taikai/

開催日:2018/10/28

第50 回 あいまいと感性研究部会ワークショップ 感性フォーラム熱海2018 プログラム

第50 回 あいまいと感性研究部会ワークショップ 感性フォーラム熱海2018 プログラム

こちらをご覧ください。

第14回日本感性工学会春季大会 査読セッション受付開始

第14回日本感性工学会春季大会 査読セッションの受付を開始いたしました。

投稿受付期間
2018年10月10日(水)13:00~12月3日(月)23:59

詳細は下記のURLをご覧ください。
https://www.jske.org/taikai/jske14s/submission

 

皆様のご投稿を心よりお待ちしております。

問い合わせ先
日本感性工学会 論文審査編集委員会
editor(at)jske.org ※[at] を@に変えてお送りください。

開催日:2018/10/21

日本感性工学会学生部会「志学の会」10月度勉強会(若手研究者招待講演会)開催のご案内(10/21)

日本感性工学会学生部会「志学の会」10月度勉強会(若手研究者招待講演会)開催のご案内

私たち志学の会は,2015年度より毎月の定例ミーティングに加え,ミーティング日同日に毎回勉強会を主催しています.このたび,この勉強会を広く公開し,多くの感性工学の分野に携わって研究をされている学生の皆さんと,「感性工学の理解の深化」「学生間の交流」の機会を広げたいと考えています.つきましては,こちらにて勉強会のご案内をさせていただきたいと思います.

なお,10月度の勉強会に関しましては,本会OGの梅沢侑実先生(国立障害者リハビリテーションセンター研究所 脳機能系障害研究部 発達障害研究室)を招待し,ご講演いただくこととなりました.先生方におかれましては,こちらの勉強会案内で志学の会にご興味をいただきましたら,研究室の学生の皆様にご案内をいただけますと幸いです.

日時:2018年10月21日(日) 15:00~18:00
会場:早稲田大学所沢キャンパス100号館203教室
キャンパス案内図はこちら:
https://www.waseda.jp/top/access/tokorozawa-campus
西武池袋線「小手指駅」より,スクールバスでおよそ20分
参加資格:学部生,大学院生
参加費:無料

内容(予定):
若手研究者招待講演会
ここでは,本会OBGを中心とした若手研究者に,博士課程からこれまでの研究の取り組み等についてご講演いただきます.
1. 梅沢侑実(国立障害者リハビリテーションセンター研究所): 自閉スペクトラム症者における運動の”不器用さ”の神経基盤
http://yumi-umesawa.sakura.ne.jp/index.html

勉強会に参加ご希望の方は,勉強会当日に,直接会場までお気軽にお越しください.尚,これまでの勉強会に関しましてはこちら(http://www.shigakunokai.jp/activities/)に記載しております.あわせてご参考にしてください.

問い合わせ先:
志学の会(代表)梯絵利奈:shigakunokai[at]gmail.com ※[at]を@に変えてお送りください。

開催日:2018/12/15

日本感性工学会学生部会「志学の会」勉強会合宿開催案内(12/15-16)

日本感性工学会学生部会「志学の会」勉強会合宿開催案内

私たち志学の会は,2015年度より毎月の定例ミーティングに加え,ミーティング日同日に毎回勉強会を主催しています.このたび,12月度の勉強会を合宿形式で開催し,多くの感性工学の分野に携わって研究をされている学生の皆さんと,「感性工学の理解の深化」「学生間の交流」の機会を広げたいと考えています.つきましては,こちらにて勉強会合宿の開催案内をさせていただきたいと思います.

先生方におかれましては,こちらの案内で志学の会にご興味をいただきましたら,研究室の学生の皆様にご案内をいただけますと幸いです.

日時:2018年12月15日(土) 〜12月16日(日)
会場:千葉大学勝山セミナーハウス
セミナーハウスの案内はこちら;
http://www.chiba-u.ac.jp/campus-life/facilities/katsuyama.html
JR内房線「安房勝山駅」より徒歩10分

参加資格:学部生,大学院生
参加費:1500円(宿泊先のシーツ代、当日夜の懇親会費込)※交通費は別途自己負担でお願いいたします.

内容(予定):
15日昼の部:合宿参加者による研究発表
ここでは,本合宿にて初めて勉強会に参加される方の研究内容を発表し,本会員との交流,意見交換を行うことを主目的としています.これによって,発表者には感性工学に関わる多分野からの視点を自らの研究に取り入れ,より広い視野を持って研究を発展させる機会を与えます.

15日夜の部:感性工学を活かしたデザインのCS型ワークショップ
ここでは,感性工学を用いたデザインの事例をケーススタディ形式で紹介し,これらの知識を踏まえて課題解決の思考プロセスについてディスカッションを行います.これによって,課題解決を行う上での「認知処理の過程」という科学的な観点と、「製品化の過程」という工学的な観点からの感性の理解を目指します.

16日朝の部:ディスカッション発表
前日のワークショップで行ったディスカッションについてグループごとにまとめ,その内容を発表してもらいます.

勉強会合宿に参加ご希望の方は,下記のアドレスまで御連絡ください.
※申し込み締め切りは12月1日(土)を予定しております.
※詳細プログラムは決定次第(10月下旬を予定)改めて告知させていただきます.

尚,これまでの勉強会に関しましてはこちら(http://www.shigakunokai.jp/activities/)に記載しております.あわせてご参考にしてください.

問い合わせ先:
志学の会(代表)梯絵利奈:shigakunokai[at]gmail.com [at]を@に変えてお送りください。

開催日:2018/10/28

感性工房部会より 深い感性のテクノロジー研究会(感性オーディオ研究会)10/28開催のお知らせ

深い感性のテクノロジー研究会(感性オーディオ研究会)予告
共催:芸術科学会、感性工学会・感性工房、中央大学・感性ロボティクス
日時;2018, 10/28 14:00~
場所;品川区広町1-5-28 ものつくり工場 HMラボ・工房
http://www1.cts.ne.jp/~hmlabc/

経緯と結果
従来オーディオを踏まえ、超えて、胸にしみいる音、空気感(気配)、実在感(深々さ、しじま)を再現できる、突破的オーディオの特長は、従来分かっていることに加えて、
1、音の”時間”変化を超精密に再現すること。
2、装置内部で発生する電磁波による自己妨害の除去、
である。従来オーディでは絶対不可能と言われた「再生装置を意識しない音」の評価が、厳しい評価者からも得られている。以下の評価実験を行うので、ソフトを持参いただければ幸いである。

テーマ1;
新開発CAOSバッテリー→アナログインヴァーターで駆動した音と、充電器で充電しつつ駆動した音の比較を行う。

テーマ2;
探し当てた安価だが素性の良いDVD player:SONY SR20を、電磁波妨害など、これまでの全知識、ノウハウで、改造したところ、空気感(気配も)と、細かいニュアンスが再現された。はじめて、コンパクトディスクにマッチしたサイズの超高級プレーヤーになる。評価いただきたい。

以上。

参加希望者は、ご連絡お願いします。⇒hmlabgm@gmail.com

研究会長: 宮原 誠(HMラボ
担当幹事: 林 正樹(Uppsala University), 三井 実(ものつくり大学)