第16回日本感性工学会春季大会 査読セッション受付開始しました(10/5)

査読セッション

2021年第16回日本感性工学会春季大会査読セッションを実施します。
早期に業績を確保したい発表者向けのセッションです。大会主催者と学会編集委員会が協力して、こうした発表者のご要望に沿おうとするものです。査読セッションの投稿受付開始日以降から締切日の間に投稿のあった原稿(原著論文、ノート)について、受付受理の可否を判断したあと、2021年1月6日までの可能な範囲で、なるべく早期に査読を終了し、採録の可否を投稿者に開示します。採録またはそれに準ずる論文は、本大会査読セッションで口頭発表していただきます。むろん、通常の投稿に比べて費用もかかりますし、平時と同じ査読を行いますので、投稿にあたっては、その内容につき、自ら点検を十分にお願いいたします。採録が決まった段階で本学会の論文誌「日本感性工学会論文誌」、あるいは「International Journal of Affective Engineering」に掲載を予定し、速やかにJ-Stage公開のための手続きを取るとともに、投稿者の要請に従って、採録通知を発行します。

投稿要領

1. 投稿受付期間

2020年10月5日(月)13:00~11月13日(金)23:59

2. 投稿資格

著者または共著者に会員1名が含まれていることを条件とします。査読セッション申込時点で入会申し込み中でも構いませんが、入会金の他に年会費1か年分をお支払いいただきます。

3. 論文の執筆要領

原稿は、WordまたはPdfとし、日本語または英語、A4版で4枚以上10枚までとします。投稿規定、執筆要領、論文フォーマットは、各種フォーマット等からダウンロードしてください。

4. 論文査読

通常の投稿論文と同様の査読を行います。1論文につき担当編集委員1名を指名し、編集委員は2名の査読者に査読を依頼します。

5. 審査結果1回目

随時。最終2021年1月6日(水)23:59
審査報告が遅延した場合は、個別にご連絡を差し上げます。

6. 演題登録

演題登録サイトが公開いたしましたら、個別にご案内いたします。指定の期日までに必ず登録してください。

7. 大会での発表

(1)2021年1月6日時点で、a)採録の場合は査読セッションで発表していただきます。大会予稿集の査読セッションに掲載されます。

(2)2021年1月6日時点で、b)条件付き採録(軽微な修正等)、c)修正後再査読(時間を要する修正等)の状況にある論文は、査読セッションで発表していただきます。これには査読者や編集委員とのコミュニケーションを促す効果が期待されます。大会予稿集の査読セッションに掲載されます。なお、1月6日以降も審査は継続されますので、大会までに不採録判定となる場合もあります。

(3) 2021年1月6日時点で、d)不採録(かなりの時間を要するものを含む)の場合は、一般セッションへの登録と同じ扱いをします。すなわち、大会予稿集の一般セッションに掲載されます。大会の一般セッションで発表していただきます。

(4)(1)-(3)いずれの場合も、1月6日時点でご提出いただいている原稿が大会予稿集(オンライン予定)に収録されます。そのため、大会予稿集が発行された時点(3月上旬予定)で原稿は公知となります。

(5)やむを得ず発表を辞退される方は、2021年1月12日(火)15:00までに editor@jske.org 宛にご連絡をお願いいたします。この場合,大会予稿集へは掲載されません.なお、辞退の場合は(採録が決定している場合でも)、編集委員の了解が必要です。

(6)発表への無断欠席の場合、大会後に「査読セッション論文」を一旦取下げといたします。あらためて一般論文として投稿してください。査読セッション査読料30,000円の他、新たに投稿料10,500円が必要です。

8. 費用

以下の費用が発生します。

  • 査読料30,000円、査読セッション発表費10,000円、大会参加費、掲載料(採録論文)。査読料と査読セッション発表費の請求書・納品書・見積書は1月後半ごろお送りいたします。
  • 2021年1月6日時点で「採録」の場合は、招待講演扱いのため、査読セッション発表費10,000円は発生しません。
  • 不採録の場合でも、費用が発生した分についてご負担いただきます。なお、2021年1月6日時点で「不採録」の場合は、一般セッションでご発表いただくため、査読セッション発表費10,000円は発生しません。
  • 採録論文は掲載料が必要です。J-STAGE本公開後に事務局から請求書・納品書・見積書をお送りいたします。期末などで、予算執行等の都合上、公開前にご入用の方は、事務局までご連絡をお願いいたします。その場合、ページ番号を記載することはできませんのでご了承ください。

9. 論文誌への掲載

日本感性工学会論文誌、International Affective Engineering (直近の通常号に随時掲載します)

10. 投稿方法

オンライン投稿システムEditorial Managerより原稿を提出していただきます。投稿者用操作マニュアルをご覧ください。投稿が完了すると、 [TJSKE] 初回投稿完了のお知らせの件名でメールが届きます。メールが確認できない場合は、確認待ちの状態である可能性がありますので、システムをご確認ください。※投稿票の提出は不要です。

日本語論文:操作マニュアル
論文種別画面は、”論文“あるいは”ノート“を選択します。セクション/カテゴリ画面では、”査読セッション“を選択してください。

               

英文でのご投稿もこちらからお願いいたします。

 

★ご執筆にご配慮いただきたい事項

1: 著者所属
(1)著者の所属は、大学名、団体名のみとします。
(2)つぎに示す情報はタイトル下の所属に含めず、必要があれば、論文採択後に提出する完成版の際に、”著者紹介”を利用していただきます
学部・学科・部署もしくは研究科・専攻・講座の名称、教員または学生の区別、論文執筆時以外の所属、著者の肩書き、Emailアドレスなど。
(3)J-Stage規定との整合性を確保するため、所属は投稿者ひとりにつき一か所を原則としますが、一か所の追加を認めます。以上の趣旨と異なる場合は、編集委員会裁量で、所要の形式に修正いたしますことを、あらかじめご了解いただき、投稿されたものとみなします。

2: 図表
本文中に記された図表番号と、挿入した図表の番号を整合させてください。

3: 参考文献
参考文献の記載方法は執筆要領を参照してください。

★査読の進め方

投稿受付開始から査読終了日までの期間が短いため、以下の手続きに拠ります。
1: 審査受理の判断を随時行い、「査読に入る」「査読に入らない」を判断します。形式用件が充たされていない、内容的に必要な要件が充たされず期限までの修正の可能性がない、適当な査読者が見当たらない場合は「査読に入らない」と判断します。

2: 「査読に入る」と判断されたものについて、随時、通常の投稿と同様の査読を行います。論文査読は1論文につき編集担当1名を指名し、編集担当は2名の査読者に査読を依頼します。

3: 査読作業終了次第、随時、結果を連絡します。

4: 審査結果は、a)採録、b)条件付き採録(軽微な修正等)、c)修正後再査読(時間を要する修正等)、d)不採録(かなりの時間を要するものを含む)とします。
b)c)の場合は、審査結果を受け取ってから原則1ヶ月以内に修正投稿を行ってください。日本感性工学会論文誌あるいはInternational Journal of Affective Engineering への掲載に向けて査読を継続します。

★費用補足

  1. 投稿料10,500円は不要です。
  2. 別刷り印刷は行っておりません。
  3. 「適当な査読者が見当たらない場合」が理由となって査読に入らない場合は、諸費用は発生しません。

問い合わせ先

日本感性工学会 論文審査編集委員会
editor(at)jske.org ※[at] を@に変えてお送りください。

お知らせ | 2020/10/05