トップページ
 
日本語 | English
トップページ > 大会 > 第13回日本感性工学会春季大会 

第13回日本感性工学会春季大会

開催期間

2018年3月27日(火)~2018年3月28日(水)

会場

名古屋大学 工学部 IB電子情報館,2号館
http://www.engg.nagoya-u.ac.jp/access/
http://www.engg.nagoya-u.ac.jp/access/campusmap.html

大会テーマ

「感性×モノづくり」

大会概要

 第13回日本感性工学会春季大会を,2018年3月27日(火)・28日(水)の両日,名古屋大学工学研究科にて開催する運びとなりました.
 今大会のテーマは感性×モノづくりです.「物」は目に見える物体のことを言い,「もの」は抽象的な対象を言います.では,「モノ」は?本大会では,ブランド力のような無形だけど何かしら価値が付加された「良い物・もの」を表す言葉とします.
 かつての名古屋は「物作り」の拠点と言われていました.だからでしょう.名古屋には地味~な印象がつきまとっていました.たぶん多くの名古屋人はむしろそれで良しとしていたようです.
 いまの名古屋は「モノづくり」の拠点に変わりつつあります.ハイブリッド自動車,青色LED,QRコードなどは,名古屋ゆかりで,世界に衝撃を与えた,近年の技術史上の大事件です.地元の自動車産業の隆盛,航空機産業の新展開などが名古屋の街の顔にも変化をもたらしています.最近,名古屋に見える方から,「名古屋には勢いを感じる」とよく言われます.
 「感性×モノづくり」は感性工学とモノづくりの出会いです.感性工学とモノづくりの相乗効果は,モノづくりをさらに加速させ,感性イノベーションを創り出していくと期待されます.
 特別講演ではイタリアで活躍されているカーデザイナーの内田盾男氏とレクサスLSプロジェクトチーフデザイナーの須賀厚一氏に,「感性×カーデザイン」をテーマに「心を揺さぶるクルマ」について熱く語っていただきます.トリノと名古屋のモノづくりの特徴を読み解き,クルマづくりの未来についての考えを披露していただきます.
 一方で,この地方ならではの地道な産業の一つに尾州毛織物があります.かつての斜陽産業は,今,「高級毛織物」として世界中から脚光を浴びています.パリコレクションやミラノコレクションで活躍のトップデザイナーもわざわざ名古屋にやってきて打合せを重ねながら新しい素材を生み続けています.もう一つの特別講演では「感性×尾州毛織物」をテーマに尾州毛織物の研究開発者をお招きして,これまでの/これからの取り組みとこの産業の未来について語っていただきます.
 皆さん,是非,名古屋にお越しくださり,「感性×モノづくり」の可能性について語り合って頂ければ幸甚です.皆様のご参加をお待ち申し上げます.

 大会実行委員長 古橋 武
(名古屋大学大学院工学研究科)

予定するセッション

①一般セッション
②ポスターセッション
③企画セッション
④査読セッション

上記①-④の概要とお申込は発表申込をご覧ください。
上記①-④でご発表の方、また拝聴のみの方も参加申込が必要です。
当日会場でもお申込みいただけますが、割高となりますのでご注意ください。

春季大会優秀発表賞

日本感性工学会春季大会において、優秀な口頭発表(一般セッション・企画セッション)またはポスター発表を行ったあらかじめ登録した登壇者であり,かつ本会会員を奨励するものです。

対象資格
・35才以下または学生であること。
・発表登録サイトにて「優秀発表賞の審査を希望する」を選択すること。

※優秀発表賞の受賞には入会が条件となります。
※過去において優秀発表賞の受賞経験がある場合には、受賞することができません。

プログラム

暫定プログラムの公開予定日:2018年2月中旬予定

備考・諸注意

・PCの用意はございません。各自ご持参ください。
 MAC使用の場合、変換プラグは各自ご用意ください。

・一般セッションの1人あたりの発表時間は、発表12分質疑2分交代1分です。

・査読セッションの1人あたりの発表時間は、発表12分質疑2分交代1分です。

・ポスターセッション:
 掲示可能期間:3 月28日(水)10:00~17:00

 ポスターを貼るボードのサイズ:横900×縦1800mm
 (上記範囲に収まる大きさであれば自由)

 コアタイム:3月28日(水)13:00-14:00
 ※ポスターは、コアタイムとその前後30分は必ず掲示してください。
 ※発表者は、コアタイム中、各自のポスターの側にいて来場者の質問等にご対応ください。
 ※3月28日(水)17:00 までには撤去をお願いします。ポスターは各自お持ち帰りください。

・企画セッションのスケジュールや進行は、一般セッションとは異なる場合があります。
 当日の進行についてご質問がある場合は、企画セッションの代表者または
 座長に直接お問い合わせください。

その他お知らせがある場合は、随時掲載いたします。

実行委員会

実行委員長    古橋 武  (名古屋大学)
プログラム委員長 吉川 大弘 (名古屋大学)
広報委員長    加藤 昇平 (名古屋工業大学)
選奨委員長    月本 敬  (岐阜大学)

【実行委員】
川澄 未来子  (名城大学)
川原 啓嗣   (名古屋学芸大学)
國分 三輝   (愛知淑徳大学)
ジメネス・フェリックス(名古屋大学)
中内 茂樹   (豊橋技術科学大学)
光松 佐和子  (名古屋経済大学)
宮内 義明   (名古屋市立大学)

および 日本感性工学会理事・参与・監事
http://www.jske.org/abouts/director/
 

共催

名古屋大学大学院工学研究科

お問い合わせ

第13回日本感性工学会春季大会事務局: jske13s@jske.org
 
各種お問い合わせ  |  サイトマップ  |  サイトポリシー  |  各種フォーマット等ダウンロード
Copyright (C) 2011 日本感性工学会