感性工学


学会誌・論文誌の新しい編集方針について
—————
解説特集「感性工学の展望」

1
特集「感性工学の展望」によせて
椎塚久雄

3
感性システムのフレームワークと感性工学の展望
Framewaork of Kansei System and Overview of Kansei Engineering
椎塚久雄(Hisao Shiizuka)

17
感性がつなぐもの
Kansei Hand In Hand
真咲なおこ(Naoko Masaki)

24
顧客やユーザの感性を意識した地域でのものづくり実践
Practice of the Product Development in Local Industry Considering Customer’s and User’s KANSEI
及川雅稔(Masanori Oikawa)

31
感性ロボティクスの今とこれから
KANSEI Robotics :Present & Future
森 善一(Yoshikazu Mori)

35
感性工学を応用した商品開発-日産自動車での実践-
Application of Kansei Engineering for Vehicle Development in NISSAN
美記陽之介(Yonosuke Miki)

39
なぜ今ビジネス界に感性工学が必要か
~価値創造型産業への転換へ向けて~
Why is Kansei Engineering Necessary for the Business Field Now?
-For the Conversion to the Value Created-Type Business-
小阪裕司(Yuji Kosaka)
—————
43
キラーブランドの感性
価値創造型ビジネスとしてのキラーブランド
岸★正龍(Seiryu Kishi)
—————
博士論文紹介

45
多様な基準に基づく感性検索システムの構成法とソフトウェアプラットホームに関する研究
荻野晃大

45
調性イメージと色彩イメージの感性的対応に関する研究
山脇一宏
—————
研究室の紹介

46
感性情報デザイン研究室(工学院大学 情報学部)
椎塚久雄

47
萩原研究室(慶応義塾大学 理工学部)
萩原将文
—————
キーワード解説

48
前頭葉

48
セロトニン

48
感性ロボティクス
—————
学生部会の発足

49
「学生部会」発足のお知らせ-あなたも参加してみませんか?
学生部会顧問 庄司裕子
—————
50
会員の声
—————
会告

51
第3回日本感性工学会春季大会 発表募集

51
第9回日本感性工学会総会・大会(予告)

—————
学会だより

52
理事会議事要録

54
編集委員会議事要録
————————————————–

日本感性工学会研究論文集

59
「調査する身体」と「実践する身体」
エスノグラフィーにおける認識と身体性
伊藤精男
“BODY IN INVESTIGATION”AND “BODY IN PRACTICE”
EPISTEMOLOGY AND EMBODIMENT ON ETHNOGRAPHY
Morio ITOH

67
SD法による心理計測および近赤外分光法による生理計測にもとづく打楽器音楽の感性評価
亀井且有, 青山美由夏, 木下雄一朗, クーパー・エリック, 星野孝総
KANSEI EvALUATION OF PERCUSSION MUSIC BASED ON PSYCHOLOGICAL MEASUREMENTS BY SD METHOD AND PHYSIOLOGICAL MEASUREMENTS BY NEAR-INFRARED SPECTROSCOPY(NIRS)
Katsuari KAMEI, Miyuka AOYAMA, Yuichiro KINOSHITA, Eric W.COOPER, and Yukinobu HOSHINO

77
プリンター業界における製品開発戦略研究
小畑喜一, 椎塚久雄
A ANALYTICAL STUDY FOR R&D STRATEGIES IN PRINTER BUSINESS
Jim Kiichi OBATA and Hisao SHIIZUKA

83
様々なエモティコンを付加した電子メールが受信者の印象形成に及ぼす効果
感謝と謝罪場面の場合
竹原卓真, 栗林克匡
EFFECTS OF E-MAILS CONTAINING VARIOUS TYPES OF EMOTICONS ON RECEIVERS’ IMPRESSION FORMATION
SITUATIONS OF GRATITUDE AND APOLOGY
Takuma TAKEHARA and Yoshimasa KURIMAYASHI

91
音声対話における反応潜時の同調傾向が目標達成の評価に及ぼす影響
小森政嗣, 長岡千賀, 中村敏枝
EFFECTS OF CONVERGENCE OF RESPONSE LATENCIES ON PERFORMANCE EVALUATION IN DIALOGUE
Masashi KOMORI, Chika NAGAOKA, and Toshie NAKAMURA