会場A(401) 3月26日(土) 第1日目
———————————————————-
10:00-12:00
▼企画セッション9 【美と健康科学~理学療法士からの視点~】
 座長:上條正義(信州大学)
K9-1 健康科学としての理学療法 藤原孝之(東北福祉大学大学院)
K9-2 美しい動作の分析方法 鈴木俊明(関西医療大学)
K9-3 美しい姿勢と腰痛 伊藤俊一 (獨協医科大学)
15:00-16:30
▼企画セッション5 【ヘルスケアマネジメント】
 座長:東ますみ(兵庫県立大学)
K5-1 在宅糖尿病患者支援のためのスマートデバイス対応遠隔システム 奈良﨑大士(兵庫県立大学大学院) 谷昇子(京都大学大学院) 石﨑潤(兵庫県立大学大学院)中沢一雄(国立循環器病研究センター) 稲田紘、西村治彦(兵庫県立大学大学院)
K5-2 タブレット端末を活用した慢性心不全患者セルフケア支援システム 谷昇子(京都大学大学院) 宮本恵宏、安斉俊久、桒原健、菅野康夫(国立循環器病研究センター病院)稲田紘(兵庫県立大学大学院) 中沢一雄(国立循環器病研究センター)
K5-3 慢性心不全患者に対する遠隔看護によるヘルスケアマネジメント 石橋信江、藤永新子、東ますみ(兵庫県立大学大学院)
K5-4 人工股関節全置換術を受けた患者を対象とした遠隔看護システムの開発 橋弥あかね、東ますみ(兵庫県立大学大学院)
K5-5 看護トップマネジャーのための病棟看護師配置数算定モデルの構築 ~病棟看護師配置数に係る意思決定要素の顕在化に基づいて~ 阿部祝子(京都橘大学) 西村治彦、濱田崇秀(兵庫県立大学大学院)
K5-6 看護師の継続教育を構成する要因 ~情報行動の視点を包含する新たな概念の検討~ 大田博(梅花女子大学) 東ますみ(兵庫県立大学大学院)
16:45-18:15
▼企画セッション11【デザインとテクノロジーの狭間における感性工学の役割】
 座長:椎塚久雄(椎塚感性工学研究所)
K11-1 デザインとテクノロジーの狭間における感性テトラの役割~センスメイキングがもたらす人文科学的思考の必要性~椎塚久雄(椎塚感性工学研究所)
K11-2 感性イノベーション工学~イノベーション・テトラの現場への実装に向けて~椎塚久雄(椎塚感性工学研究所)
K11-3 ★パネルディスカッション ★ デザインとテクノロジーの狭間で起こっていること 椎塚久雄(椎塚感性工学研究所) 清須美匡洋(九州大学) 庄司裕子(中央大学) 布川博士(岩手県立大学)
———————————————————
詳細については,下記「参考資料」をご覧ください.
※USB 1本5000円(送料別)